6月2日号の本コラムで筆者は「想定外の原油高をどう見るか」と題し、年後半には需要減退と投機筋の手仕舞いから弱含みの展開になると予想した。当時は世界的な需要の堅調に加え、米国の核合意離脱でイランが減産…