新卒採用の現場ではAI技術の導入が進む(撮影:今井康一)

今、人事担当者の間では、「HRテック(ヒューマンリソース・テクノロジー)」や「ピープルアナリティクス」が流行語になっている。それは、ビッグデータ解析やAI(人工知能)といった最新テクノロジーを採用や人事に活用することを指す。外資系のグローバル企業が積極的に採り入れているが、ここにきて国内企業の多くも導入を進めている。

メリットは、これまで経験や勘に頼っていた部分をAIが効率的に判断できること。書類選考時や面接時の気分や好みで決まってしまうこともあった採用に客観性や公平性を持たせ、作業時間の削減にもつながる。また人事評価であれば、社員の状態と成果の関連性など、これまで見えなかった部分もわかるようになっている。

「日本の人事部門はデータやテクノロジーへの拒否感が強かったが、データによる生産性向上策を求めたい経営者の意向から、HRテックの導入が広がっている」と、人事向け情報サイト・HRプロを運営するProFutureの寺澤康介社長は潮目の変化を指摘する。

特に新卒採用の分野で普及が進む。中でも応募者が殺到する大手企業は、作業量の削減を目的にAIを活用している。具体的には、エントリーシートをAIに読ませて、初期選考の効率化を図るというもの。たとえばソフトバンクは昨年の採用から、IBMが開発した言語解析のAIツール・ワトソンを使って合否判定を行っている。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP