マンハッタンの道路には、イエローキャブと黒塗りのウーバーの車があふれている(AP/アフロ)

世界に旋風を巻き起こしたライドシェアサービスへの逆風が強まっている。

米ニューヨーク市議会は今夏、米ウーバー・テクノロジーズなどのライドシェアサービスの車両に対する新規営業許可の発行を1年間停止する全米初の規制措置に踏み切った。

狙いは、市内で悪化する交通渋滞の緩和だ。さらに、競争激化で収入が減ったタクシー運転手を支援するため、運転手の最低賃金も設定する。規制条例の可決を受け、ニューヨークのタクシー労働者同盟は「ニューヨークだけでなく、世界中の前例となる」として“勝利宣言”を出した。

「規制は、環境、労働の両面で必要だ」。ウーバーの労働者搾取を批判する著書を出版したジャーナリストのスティーブン・ヒル氏は言う。高層ビルが密集するマンハッタンに車があふれれば、当然、排ガスによる大気汚染の懸念も高まる。