本州の最西端にある山口県下関市は中国地方の中核都市。人口は約26万人で中国地方では広島、岡山、倉敷、福山に次ぐ第5位の人口を擁する。この街が「下関市」と称するようになったのは1902年からで、それまでは「赤間関市(あかまがせき)」という名の街だった。赤間関の「間」を「馬」とも書いたことから「馬関(ばかん)」とも呼ばれた。1895年の日清戦争終結の際に結ばれた日清講和条約は、教科書では「下関条約」と習うが、当時は「馬関条約」と呼ばれていた。

下関は古来、交通の要衝として栄えてきた。山陽道と山陰道の結節点に位置し、関門海峡を挟んでトンネルや橋で北九州市とつながる。江戸時代には北前船の寄港地であり、瀬戸内海と玄界灘をつなぐ港としても栄えた。下関港から韓国の釜山(プサン)港は近く、夜に関釜(かんぷ)フェリーに乗れば翌朝には釜山に到着できる。下関駅北側にはコリアンタウンが形成されており、韓国との距離の近さを物語る。

また古くは捕鯨の街としても知られ、多くの捕鯨船でにぎわった。今では捕鯨業は衰退したが、調査捕鯨の基地となっている。