11月10日号の小欄をしめくくった漢の宣帝のことばは、ずいぶん思い切った意訳をしたので、とまどわれた向きもあったかもしれない。原文に即した読み下しはこうである。

「漢家は自ら制度あり。本(もともと)覇王道を以(もっ)てこれを雑す。奈何(いかん)ぞ純(もっぱ)ら徳教に任せ、周政を用ゐんや。」

「覇道」が法家、「王道」が儒家を指し、後者は後文ですぐ「徳教」といいかえている。それで法治と徳治としてみた。法といい徳といっても、元来が中国の諸子百家なのだから、現代の概念とぴったり同じでないのは、むしろ当然である。しかし同じ人間の作る集団・社会、古今東西を貫く原理・真理があるのではなかろうか。

指導する者される者

組織を作るにあたっては、どうしても指導する者と指導される者が必要である。学校では先生と生徒、企業では上司と部下、規模の大小こそあれ、上下の区別は避けられない。それは統属関係ではある。けれども組織全体でみれば、むしろ分業といったほうがよい。いかにその分業を円滑、能率的にすすめるかは、全体にとってきわめて重要であろう。