みやざき・なおき●1957年生まれ。80年京都大学法学部卒業、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)入社。2013年専務役員、14年豊田合成副社長に就任。15年から現職。(撮影:永谷正樹)

主役になることはないが商売できる”場所”はある

電動化に関しては、軽量化や静粛性が求められるようになる。主力とする樹脂やゴム製品ではそうした機能強化を進めており、ビジネスチャンスが広がると思っている。

一方、自動運転では決してわれわれは主役になれない。基本的に電子製品をやってないからだ。その分野はデンソーなどが主役を担っていくだろう。

ただ、当社はハンドルやその周りのコックピット関連、運転席と助手席の間のコンソールボックスなどを手掛けている。さらに後のリアガーニッシュや前のフロントグリル、ミリ波レーダー対応エンブレムカバーなどエクステリアも扱っている。そうした場所にはセンサー類やカメラ類が入ってくる可能性が高い。つまり自動運転の商圏でこれまで商売させてもらっており、それが大きな強みになる。

──いわば商売する「場所」はすでに押さえているということですね。