(utah_51 / PIXTA)

[ がん保険 ] 

診断一時金・入院給付金・手術給付金が基本。抗がん剤・先進医療など治療法に応じた特約の幅も広い。ただ日本では、世界的な標準治療が健康保険で受けられる。医療の変化を考えると終身保障にも疑問が多い。

がん保険はがんに特化した医療保険。だから医療保険と同様、入院給付金・手術給付金が保障の基本になっているのはいうまでもない。しかし前記事の医療保険の項で書いたように、医療費の本人負担は高が知れている。

むしろ現役世代にとっては、がんにかかったときに収入を維持できるかどうかが大きな不安になっている。「がん離職」という言葉があるように、失業し生活の基盤を失う恐怖が付きまとうからだ。

そこで保険会社が考え出したのが「がん診断一時金」。がんと診断されたら100万円の給付金がもらえるといったものだ。生活費にも回せるというので、大いに人気を集めている。また診断一時金を月割りにして渡す、いわゆる「収入保障型」も一部の保険会社が採用している。

健保の手厚い保障あり