(CORA / PIXTA)

消費者は生命保険に何を求めているのか、何が不満なのか──生保の実態を知るために、本誌は今回の生保特集に合わせてインターネットを通じアンケートを実施。4497人が回答した。

【調査概要】東洋経済のメールマガジン会員を対象に10月20日、25日、28日の3回に分けてインターネットで調査を実施。有効回答者数は4497人。回答者の属性は、年齢では50代が1473人で最多、次いで40代が1178人。職業は会社員が最多で2604人。居住地別では東京都が1301人、次いで神奈川県が579人。年収は1000万円以上が764人で最多、次いで400万円以上500万円未満が541人。既婚者が3556人。保険に加入していない人が413人。

まずは、自身が加入している保険の内容を把握しているかどうかを尋ねた。「十分把握している」と回答したのは4人に1人にすぎなかった。17%が「わからないことが多い」。「まったくわからない」も5%あった。二つを合わせると22%。保険会社にはこれまで以上にわかりやすく、かつ十分な説明が求められる。

「保険加入の決め手になったこと」についても尋ねた(複数回答)。「保障内容が充実していたから」が最多で、全体の3割強に当たる1600人弱。「月々の保険料が安いと感じたから」も1200人近いが、保障内容の充実を優先する人の数には及ばない。ただ、「保険営業員が信頼できる人だったから」を上回っており、営業員の人となりより保険料の安さのほうが大事になってきているのかもしれない。