西日本を中心に200人近い人が亡くなり、大きな被害をもたらした「平成30年7月豪雨」。気象庁は7月4日から危機への対応を呼びかけ始め、6日午前の記者会見では特別警報の可能性に言及した。気象庁天気相談…