11月5日、参議院予算委員会で答弁する安倍首相(毎日新聞社/アフロ)

共同通信社の世論調査(11月3〜4日実施)によれば、安倍晋三内閣の支持率は前回比0.8ポイント増の47.3%、不支持率は同1.3ポイント増の39.5%である。

読売新聞調査の内閣支持率49%、不支持率41%、日本経済新聞調査の内閣支持率48%、不支持率42%などを勘案すると、おおむね内閣支持率は40%台後半、不支持率は40%前後といっていい。

第197回臨時国会は10月24日に召集された。先の各社世論調査は、安倍首相の所信表明演説、各党の代表質問後に第4次安倍改造内閣の新閣僚の疑惑や大臣答弁のお粗末さが表面化した後に実施されたものである。

具体的には、これまでもうわさが絶えなかった片山さつき地方創生担当相の「100万円口利き疑惑」についての野党追及や、大臣答弁が不安視されていた櫻田義孝東京五輪・パラリンピック担当相のシドロモドロ答弁がテレビのワイドショーでも大々的に取り上げられた後ということだ。

それでも、安倍内閣の支持率が大きく下がることはなかった。「野党は片山地方創生相ら安倍内閣の閣僚の資質を追及した。しかし決定打に欠き、徹底して攻め切ることができなかった」(朝日新聞11月9日付朝刊)というのが、その理由であろう。