(イラスト:ソリマチアキラ)

今年の日本オープンは、コースを改造したばかりの横浜カントリークラブで開催された。

優勝したのは稲森佑貴だった。そして久しぶりに49歳の藤田寛之が健闘した。その藤田が、改造後のコースについて「ようやく世界のスタンダードなコースで試合ができることがうれしい」と語っていた。

「昔ながらのザ・日本オープンのセッティングではなく、今、世界基準となるようなコースに改造され、セッティングされています。すばらしいです。たまたま悪天候などの原因で、グリーンを固く締めることができていなかったのでしょうが、日々グリーンが締まってくると、どうなることやらです」

改造したのは、ビル・クーアとベン・クレンショーのコンビだ。二人は、パインハーストのナンバー2コースを全米オープン前に改造するなど数々の実績で高い評価を得ている。

そのビル・クーアにインタビューしたときに、こんなことを言っていた。