首都圏に住む鈴木太一さん(仮名)が、妻の良子さん(同)と三井住友銀行の支店を訪れたのは2017年5月下旬のことだ。三井住友は太一さんの給与が振り込まれる銀行で、40年近い付き合いだ。「いいお知らせがある」と三井住友の銀行員に呼ばれた。

銀行に着くと、行員から「外貨の扉」と書かれたチラシを見せられた。「初回特別金利 米ドル年4.5% 豪ドル年5.5%」と大きな文字で書かれている。

「米ドルはトランプ政権になってから不安定」「豪ドルはオーストラリアが資源国だから安定している」と行員は言う。太一さんはまもなく定年退職で翌月には退職金が入る。そこで350万円を「外貨の扉」に預けた。「メガバンクだから間違いないと信頼しきってハイハイと」(良子さん)申し込んだ。

拡大する
(注)写真はメットライフ生命保険「ビーエルガーデンⅡ」定期支払選択型一時払終身保険(米ドル建て/豪ドル建て)のパンフレットの中身。三井住友銀行の行員はこの見開きページを見せながら商品説明をした。同銀行はメットライフの保険販売代理店

「元本は保証されていると言われて安心した」