(den-sen / PIXTA)

[ 終身保険 ] 

死亡保障が一生涯続くため、相続対策に有用。解約すると、まとまった額の払戻金があることから、貯蓄・運用目的での提案がなされることも多いが、保障にかかる費用もあり、流動性の面でも非効率的だ。

終身保険は「一生涯、死亡保障が続く」「解約時には相当額の解約返戻金が払い戻される」というのが特徴だ。相続対策には有用だが、ほかの使い道が考えにくい。

一般に死亡保障が必要なのは、自立していない子どもがいる世帯主くらいだ。その場合、一生涯ではなく一定期間の保障にするほうが、安い保険料で大きな保障を持てる。

現役世代の単身者などに「死後整理資金や葬儀代の準備のために」と200万円くらいからの終身保険加入を勧める営業話法もあるが疑問だ。数百万円の死亡保障を持ちたい場合、1年更新の都道府県民共済などで当面の保障を持つほうが合理的だ。

老後のために加入しても、数十年後には貨幣価値や葬儀のあり方が変わっているかもしれないからだ。保険会社が破綻する可能性もある。