マーク・ザッカーバーグCEOは「つらい年」と決算会見で語った(AFP/アフロ)

15億人のユーザーを抱える巨大ソーシャルネットワークが揺れている。

米フェイスブックが10月30日に発表した2018年7〜9月期決算では、欧州の1日当たり利用者数が2億7800万人と、2四半期連続で減少した。今年1〜3月に過去最高を記録してから、400万人の落ち込み。米国とカナダの利用者数も、1億8500万人と横ばいが続く。

「今年はつらい1年になっている」。フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは決算電話会見でそう漏らした。

3月に明らかになったのが、約8700万人分の情報流出だ。英国の研究者が学術目的でフェイスブックから収集したユーザーデータが、英政治コンサルティング会社のケンブリッジ・アナリティカに不正に流され、16年の米大統領選挙の工作活動などに使われた。

9月末には一部機能の脆弱性を突かれ、約2900万人の情報への不正アクセスを許した。電話番号やメールアドレスのほか、直近の位置情報や検索履歴が含まれるケースもあった。