本庶佑教授がノーベル医学生理学賞を受賞なさった。ほんとうにめでたい。受賞とその対象になったご業績は、すばらしいの一語につきる。それ以上に何か申し上げることはない。

ただ日本では、ノーベル賞は比較を絶する権威があるのか、なぜか大騒ぎする風習がある。こちらはどうも黙っていられない。

今回、教授の出身校・勤務先の京都大学が受賞したみたいに騒いでいたのは、それなりのご愛敬ではある。研究という営みは一人だけでできるものではない。とりわけ理系はそうであって、事情に通じない世間に対し、そうしたことをキチンと伝える意味もある。