日本銀行総裁を2008~13年に務めた白川方明氏。退任後初の著書『中央銀行 セントラルバンカーの経験した39年』(小社刊)を10月中旬に出版した。激動の在任5年間を振り返るとともに、今後の日本の課題を聞いた。

──なぜ今、執筆・出版を決断したのか、その思いを聞かせてください。

大きく三つある。一つ目は、中央銀行や金融政策の果たすべき役割について、社会全体で議論を深めてほしい、学界の議論も変わってほしいという思いが強くあったことだ。

金融政策についてはさまざまな議論がなされ、時に鋭い意見の対立もあった。その対立の多くは、実は中央銀行という存在やその役割について十分に理解されていないことから生じているように感じていた。

中央銀行は社会にとって重要な存在であるだけに、もっと活発な議論が必要だと思っていた。そのため、中央銀行について自分の考えを体系的に説明し、議論の材料を提供したいと考えた。

中央銀行をめぐる議論にはいくつもの重要な“章”が抜けている。

たとえば、中央銀行が持つ「銀行の銀行」としての側面。決済システムの運営や、「最後の貸手」として金融システムの安定を維持する役割が中央銀行にはある。このことは教科書には載っているものの、金融政策の議論をするときには忘れられてしまう。