ここでは、『会社四季報』のデータベースを活用し、専門商社の平均年収と増益率をランキング化した。集計対象としたのは、東洋経済独自の業種分類で「専門商社」や「卸売り」を含む111社。未上場企業は含まない。就職先や投資先を探すのに役立つはずだ。

平均年収ランキングの1位は、伊藤忠エネクスとなった。伊藤忠商事系のエネルギー商社で、売上高は1兆円超と業界首位。石油製品販売のほか、発電事業や家庭用電力事業にも基盤を広げている。

2位の兼松は羊毛貿易が祖業の老舗商社。戦後は事業領域を拡大し総合商社の一つに数えられたが、過度な不動産投資がたたって1990年代に経営危機に陥り、銀行の管理下でリストラを迫られた。ただ近年は、収益力のある食料・IT・鉄鋼の三つに主力事業を集約し、復活を果たしている。

3位は、別記事『知られざる専門商社の世界』でも紹介した化学品商社の三洋貿易。売上高は長瀬産業(5位)と稲畑産業(6位)の業界2強の約10分の1だが、高い利益率を背景に平均年収では化学品商社トップだ。総合商社(1200万~1400万円台)には及ばないものの、上位企業の平均年収は1000万円近い。