鉄鋼|素材の王様「鉄」を届ける

商社には、「ラーメンからミサイルまで」扱うといわれる総合商社のほかに、鉄鋼や食品、化学品など特定の商材の取引に特化する専門商社も多くある。ここでは、総合商社顔負けのキラリと光る事業を持つ専門商社を紹介する。

総合、メーカー、独立系 系列超える業界再編も

まずは鉄鋼商社だ。鉄鋼メーカーが製造した鋼材を自動車や建材、電機メーカーに販売する仲介機能に加え、金融のリスク管理や需要家への情報提供を行うなど、取引全般にかかわる。

大手鉄鋼商社は総合商社系、鉄鋼メーカー系、独立系の三つに分けられる。総合商社系は、伊藤忠商事と丸紅の鉄鋼部門が2001年に設立した伊藤忠丸紅鉄鋼、三菱商事と日商岩井(現・双日)が03年に設立したメタルワンがある。いずれも総合商社による鉄鋼流通再編に伴って発足した。

鉄鋼メーカー系は、13年に旧新日本製鉄系の日鉄商事と旧住友金属工業系の住金物産が統合して発足した日鉄住金物産JFE商事神鋼商事がある。独立系のトップは阪和興業。鉄鋼以外に非鉄金属、食品、石油製品を扱い、商材も幅広い。岡谷鋼機は江戸時代初期創業で中部財界の名門企業だ。