次世代車の要となるリチウム資源に巨額投資(©️OROCOBRE all rights reserved.)

「総合商社は目指していない。強い分野を多く持つ専門商社の集団になりたい」。豊田通商の貸谷伊知郎社長はそう言い切る。

豊通はもともとトヨタグループへの原料調達や物流、海外ディーラー展開などを担うトヨタ直系の商社だったが、2006年にトーメンと合併。12年にはアフリカに強い仏大手商社CFAO(セファオ)を買収し、総合商社の一角に躍り出た。

「シェールオイルなどは周回遅れで、総合商社だと言われるために今さらやるつもりはない。唯一無二の存在になりたい」(貸谷社長)と、近年は強みのある専門商社を標榜する。