今年4月に社長に就いた兵頭誠之氏。新規事業の種まきなどについて聞いた。

ひょうどう・まさゆき●1984年に京大大学院工学研究科修了、住友商事に入社。インフラ事業部門(電力)に長く在籍。2017年4月専務執行役員、18年4月より現職。(撮影:今井康一)

──先を見据えた投資はどのようなことを行っていますか。

米国シリコンバレーや英国ロンドンなどで、現地のスタートアップ企業群とのネットワークを作っている。東京本社から投資の権限の一部を委譲し、3年で200億円を即時に使える枠組みを設けた。