昨年は収益柱である自動車部品の緩やかな成長に加え、産業機械部品も工作機械市場の過熱で押し上げられた。その結果、計画を1年ほど前倒しで売上高1兆円を達成することができた。だが、1兆円だけが目標ではない…