白川方明前総裁の任期(2008年4月〜13年3月)の5年間は日銀にとって激動の時代だった。就任当初からグローバル金融危機への対応を迫られ、欧州債務危機、さらには東日本大震災にも見舞われた。

就任したのは08年4月。06年末から米国で低所得者向けの住宅ローンであるサブプライムローンの焦げ付きが始まるなど、すでにバブル崩壊の様相が強まっていた。

08年3月のベアー・スターンズへのFRB(連邦準備制度理事会)による緊急融資を経て、同年9月にはリーマン・ブラザーズが破綻。グローバル金融市場は1930年の大恐慌以来の危機的状況に陥った。