入社時に配属された部門の「背番号」をつけられ、一生所属が変わらない。そのような総合商社特有のたこつぼ文化の下で育つと、ほかの事業部門のことは、ほとんど別会社のように思えてしまう。

それが商社パーソンのこれまでの職業人生だった。だが従来画一的だった商社パーソンのキャリアや働き方は、足元で大きく変わろうとしている。

(撮影:風間仁一郎)

岡村裕子さん(35)は2005年に慶応義塾大学環境情報学部を卒業し、三井物産に入社した。そこから13年超のキャリアをたどると、一見脈絡がないように思える。

入社した後に配属されたのは生活産業に関連した部門だった。アニメ映画への出資やカードゲームの企画販売などメディア関連の事業にかかわった後、子会社の三井情報の管理・支援などを行う情報産業関連の部門へ異動。そして現在、所属するのはメタノールやアンモニアなどの化学品を扱う部門だ。

修業生としてロシアへ 帰国後は別部門に

理由は組織変更によるものだけでなく、同社特有の「海外修業生制度」にもある。これは英語圏以外の外国に最長で2年間滞在し、語学と文化を身に付けさせる制度だ。最初の半年から1年間は大学などで語学力を磨き、その後に現地の支店などで実務に学ぶことによって知見をさらに深める。応募資格があるのは入社2年目から6年目の社員。上司の指示ではなく自らの意思で立候補する。

岡村さんはロシアを選んだ。ロシア語でカバーできる地域が広いほか、旧宗主国のないロシアなら日本企業でもビジネスをしやすいと考えたからだ。11年からロシア北西のサンクトペテルブルクで語学研修を受けた後、ウクライナのキエフで実務研修を開始。非遺伝子組み換え大豆の日本向け輸出や、アンモニアのアジア向け輸出を手掛けた。

修業生の研修終了後の配属先は、派遣前とは別の部門になるのが通例だ。それは新入社員として配属された部門の「背番号」が外れることを意味する。そしてキエフからの帰国後の13年に配属されたのが、これまでとは畑違いの化学品を扱う現在の部門だった。化学品部門の知り合いから「ロシアはガスも豊富で可能性のある国。ぜひうちでやってみないかと誘われて決めた」と岡村さんは話す。

岡村さんが現在行っているのは、メタノール製造子会社の管理・支援や、新規ガス化学プロジェクト案件の開発・検討だ。そのうち三井物産が50%出資している米国のメタノール製造子会社については、工場のオペレーションをどう安定させて収益を拡大していくかに知恵を絞っている。

考えなければいけないことは多岐にわたる。物流を効率化するためどこにタンクを借りるか、原料のガスを価格動向も考えてどこからどう調達するか、メタノールをどう売っていくか。それらのことを現地担当者と電話会議で議論しながら検討していく。

入社時は、生活者に近い視点が生かせる事業をしたいと生活産業に関連した部門を志望した。現在は生活者からは少し縁遠い世界であるが、順応している。働き方も変わった。現在は子どもが2人いるため残業はできない。「太く短く会社で仕事をする」ことを心掛けているという。

(撮影:今井康一)

ポスト・マージャー・インテグレーション(PMI)とは、「買収などをした後の統合」を意味する言葉だ。買収後に組織や業務の融合を図るため、ビジネスモデルの再考や業務プロセスなど各分野の統合を行うことを指す。「出資からPMIまで全部手掛けられるのが、総合商社のビジネスの醍醐味」と、住友商事の細田薫さん(31)は話す。