10月は、国内外の株式相場で激しい変動が続いてきた(撮影:尾形文繁)

10月に入って日経平均株価は3000円以上も下落。米国株もダウ指数が2000ドル以上下げるなど、変動の激しい相場が続いている。

米中の貿易摩擦やブレグジット(英国の欧州連合離脱)、サウジアラビアなどの地政学リスク──。株式市場を警戒させる理由はいくつも挙がる。運用の“プロ”たちは今後の相場動向をどう見るのか。

生命保険各社の2018年度下期の資産運用方針がまとまった。大手4社(日本、第一、明治安田、住友)とかんぽ生命の運用計画を集計すると、19年3月末の日経平均株価は2万3000〜2万4500円と、意外と堅調な推移を予想している。

最大手である日本生命の秋山直紀・財務企画部長は「リスク事象は割と多く、不安定さを与えるが、(堅調な株価という)メインシナリオが大きく崩れるとは限らない」と話す。