ファッションビルを運営する丸井グループは子会社「tsumiki証券」を設立し、今年8月末に投資信託のサービスを開始した。その証券子会社のCEO(最高経営責任者)に就任した寒竹明日美氏は、金融業界では珍しい女性の経営トップだ。

「金融って本当に難しい。わからないことが多い」。寒竹CEOは金融の「素人」であることを自認する。1997年に丸井グループに入社して以降、ファッションビルの売り場や経営企画、IRなどの部署を渡り歩いたが、グループの営業利益のうち8割をたたきだすクレジットカード事業に従事した経験がない。

抜群の対話力を重視し女性社員をCEOに抜擢

入社してまもない頃から戦略会議や改革プロジェクトに、自ら手を挙げて参加してきた。小学校の通信簿には毎年、「竹を割ったような性格」と記述されていたように、ハッキリとモノを言うタイプ。「トータルリターンって何? わかりにくい。キモい」。1年前に設立された証券参入の準備室では、業界で常識のように語られる言葉にも疑問を呈した。

丸井グループの青井浩社長は、そんな寒竹CEOを「コミュニケーションが得意」と評する。創業家3代目で、次世代を見据えた改革を実行してきた青井社長は、「対話力」をあらゆる場面で重視する。特に、「議論が活発化する」と女性の意見を大事にし、ある社内会議では女性社員が一人もいないことを理由に退席したこともある。2016年4月の博多マルイ(福岡市)開業の際は、延べ1万5000人の顧客と対話し、その声を店舗運営に反映させた。

将来の事業柱として期待する新証券子会社の経営トップに寒竹CEOを据えたのも、対話力こそが事業を推進していくうえでの肝と認識しているからにほかならない。

丸井グループ社長 青井 浩(撮影:梅谷秀司)
アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP