駐車場の予約サービス「akippa(あきっぱ)」を利用するドライバーが増えている。

都内に住む大の野球好きのAさんは、週末に家族と車でプロ野球観戦へ出掛ける際、前日までにスマートフォンで駐車する場所を予約する。「球場の駐車場はいつも満杯。周辺のコインパーキングも大抵埋まっているし、路上駐車は取り締まりが厳しい。akippaのアプリで球場近くの駐車場を予約しておけば、現地で困らずに済む」と話す。

このサービスには三つの特徴がある。まず、使いたい駐車場を時間単位で予約(1日単位の物件もあり)できる点。駐車代は予約時にスマホで決済する。2点目は料金の安さ。立地によって駐車代は異なるが、近隣のコインパーキングよりも2~5割安い料金設定になっている。

企業や個人の駐車場を一時的にシェアする

そして三つ目は、登録されている駐車場が一般的なコインパーキングとは大きく異なる点だ。Aさんが埼玉県所沢市の西武球場(メットライフドーム)に行くときによく使う登録駐車場は、住宅街にある遊休地。土の地面に白線を引き、番号を記しただけの更地で、コインパーキングのような看板や機械設備はいっさいない。

akippaに登録されている駐車場の多くは、企業・個人の空き駐車場やこうした遊休地だ。月極駐車場の空きスペース、商業施設などの来客用駐車場の一角も含まれる。それらの駐車スペースを、必要な人が有料で一時的に利用するシェアリングサービスなのだ。

利用したい日時を15分単位で予約可能。しかも料金設定は格安だ(撮影:梅谷秀司)
アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP