「自動車が成長産業になるチャンス」

ナカニシ自動車産業リサーチ 代表兼アナリスト 中西孝樹

なかにし・たかき●米オレゴン大学卒。メリルリンチ日本証券などを経て2013年に独立。『トヨタ対VW』(日本経済新聞出版社)など著書多数(撮影:尾形文繁)

今後、新車販売が減っていくとは思わない。(カーシェアなど)モビリティサービスの車両が1台あれば、個人所有の車両10台を置き換えて自動車保有が減るという議論があるが、私は疑問に思っている。置き換えられるものには限界があるからだ。都市部の個人所有には多少影響があるかもしれないが、車全体で見れば販売が減るわけではない。むしろ、手軽に安く移動できる新たなサービスが普及すると、車の活用が増え、総移動距離も増加していく。

主役である領域は今後も残る

自動車メーカーの本領である安全性などの領域は今後も必要とされるし、新たなモビリティサービスの世界でも自動車メーカーが主役になりうる。大きなプラットフォームでは勝者が4〜5社に絞られても、小さなプラットフォームはたくさん作れる。そこでは中・小規模なメーカーでも戦えるし、逆に個性のある面白いビジネスモデルが作れるかもしれない。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP