(撮影:大澤 誠)

「グーグルと力を合わせることで、自分たちだけで開発するより強力なシステムを提供できる」

仏ルノー・日産自動車・三菱自動車の3社連合は9月、次世代車載情報システム開発における米グーグルとの提携を発表した。3社連合のコネクテッドカー(つながる車)分野を統括するカル・モス氏は提携の意義を冒頭のように語るが、次世代の自動車開発で存在感を強める大手テクノロジー企業に頼らざるをえない側面を逆に強調したともいえる。

3社連合は、主要国で販売される新車の9割を2022年までにコネクテッドカーにする目標を掲げる。その戦略の中核を成すのがグーグルとの提携だ。スマートフォンでも使われる同社の基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載した次世代の車載情報システムを開発する。そして、21年以降に発売する新型車には原則としてこの次世代システムが搭載されることになる。

車載システムとスマホをつなげるサービスでは、グーグルが14年に発表した「アンドロイドオート」やアップルの「カープレイ」というソフトウエアが普及している。それらを搭載した車両では、スマホのアプリを車載端末上で使用することができる。日産もアンドロイドオートなどを搭載した車両を発売し、若年層を中心とする需要に応えてきた。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP