9月に、米IDTを7000億円超で買収すると発表したルネサスエレクトロニクス。車載半導体事業の行方を呉文精社長に聞いた。

くれ・ぶんせい●1979年日本興業銀行入行。GEフリートサービス社長、カルソニックカンセイ社長、日本電産副社長を経て2016年から現職。産業革新機構が主導した再建後の成長戦略を担う(撮影:尾形文繁)

──自動運転の時代が到来する中で、ルネサスが果たす役割とは?

私どもが中心としているのがマイコン、SoC(System on a Chip)といった自動運転車に欠かせない頭脳部分だ。自動車のテレビCMを見ていると、5年ほど前は燃費の話が多かったが、今は自動運転の機能をうたうものが多くなっている。何が新しくなったかといえば、マイコンの性能だ。そういう意味では、われわれが果たせる役割は大きくなってきたと思う。

──車載半導体市場におけるルネサスの強みはどこにありますか。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP