断捨離しようと思うと作業が進みにくい(撮影:梅谷秀司)

孤独死を見据えた際、気になることの1つに「遺品の整理」がある。親族であれ業者であれ、片付ける人に迷惑をかけたくないと誰もが思うもの。だが「いつかやればいい」とズルズルと引き延ばしてしまうケースが散見される。

「時間に余裕ができる定年後にやろうと先延ばしにするが、いざそうなると趣味に没頭したりでやらないことが多い。現役のうちから生前整理するのが望ましい」とアドバイスするのは、『定年前にはじめる生前整理』などの著書を持つ、幸せ住空間セラピストの古堅純子氏だ。

捨てることを先に考えない