安川電機は産業用ロボットで世界4強の一角だが、最大市場の中国で不安が広がっている(撮影:梅谷秀司)

業績は絶好調なのに、なぜなのか──。

モーターや産業用ロボットの大手、安川電機の株価が低迷している。2018年1月には6120円と上場来最高値をつけたが、その後ジリジリと下げが続き、10月には一時3000円を割った。

きっかけは10月中旬に発表した19年2月期決算の下方修正だ。売上高を従来見通しの5100億円から4980億円に、営業利益を655億円から590億円に修正した。変則期決算だった前18年2月期を通期に組み替えた比較では売上高は7.2%増、営業利益は3.3%増と成長が鈍化する見通しで、失望売りを誘った。

背景にあるのが、営業利益の約7割を占めるモーションコントロール(MC)部門の失速だ。MC部門は、半導体製造装置や産業用ロボット、工作機械の精密な動作制御に用いられるサーボモーターと、エアコンやファンに用いられるモーターの回転数を制御するインバーターから構成されている。