会見の席で握手を交わすイオンの岡田社長(左)とフジの尾﨑会長。普段から仲がいい(撮影:大澤 誠)

「業界再編の機運が一気に高まってきた」。北海道でシェアトップの食品スーパー・アークスの横山清社長はそう語る。

食品スーパー業界では近年、提携や再編が相次いでいる。ドラッグストアが食品を強化するなど新たな競合の台頭を背景に、今後も大型の合従連衡が進む可能性がある。その引き金となりそうなのがGMS(総合スーパー)最大手、イオンの提携戦略だ。

10月12日、同社は中国・四国地方を地盤とするスーパー、フジとの資本提携を発表した。2019年2月末をメドにイオンがフジの株式を最大15%取得。フジもイオンの子会社、マックスバリュ西日本の株式をイオンから取得する。商品の共同調達など、さまざまな形の協業を模索する。