四国の玄関口、香川県高松市の中心部に全長470メートルに及ぶ巨大アーケード商店街がある。この一角が「丸亀町(まるがめまち)」だ。香川県で「丸亀」というと、近隣の「丸亀市」を思い出す人がいるかもしれない。それもそのはず、この街は1588(天正16)年、生駒親正が高松城を築いた際に、大手門前に丸亀城下の商人たちを連れてきたのが始まりなのだ。

この街はその後、商店街として大いに発展し、ピークであった1992年には1日平均で約3000人の買い物客が訪れ、年間売上額は270億円にも達したという。特徴は中小の商店が多く、活気があること。高松の中心商店街の地位を不動のものにしていた。

ところが、この商店街に地殻変動を及ぼしたのが、88年に開通した瀬戸大橋だった。瀬戸大橋は四国の悲願ともいえる本州との接続橋であり、その開通のおかげで、トラックなどによる陸路での物資の輸送がスムーズになり、街の経済は潤うと期待された。