反体制の「五つ星運動」と極右の「同盟」によるイタリアの連立政権がルール破りの予算案を提出し、大問題になっている。イタリア政府は2019年の財政赤字をGDP(国内総生産)比で2.4%に拡大させるとした。これは「GDPの3%以内」という欧州連合(EU)のルールに違反するものではないが、同国財務相がEUに対して非公式に約束していた1.6%を大幅に上回る。

イタリア経済は構造問題を抱え、慢性的な低成長に苦しんでいる。こうした状況で財政赤字を拡大させるのは、どう見たって軽率だ。イタリアが抱える債務残高はGDP比ですでに130%を突破。ギリシャに次いでEUで2番目に高い水準となっている。

イタリア銀行(中央銀行)によれば、財政を持続可能なものとするには、基礎的財政収支(借入金を除く歳入と、元利返済を除く歳出の差)の黒字をGDP比で3.5〜4%に拡大させる必要がある。しかし基礎的財政収支の19年黒字見通しは、従来の1.9%から1.3%に後退した。