移住慣れしている自信のある私でも、いまだに失敗や後悔をする。そんな自分の経験を伝えよう。

私は22歳のとき、長野県軽井沢近くの佐久にアパートを借りた。そして平日は東京、週末は佐久という、週末移住の生活を始めた。それ以来約20年、さまざまなところに移住してきた。そうしてたどり着いた結論は、次の一言に集約される。

「最悪の状況を理解し、想定することに勝る王道はない」

本稿では特に、都会暮らしの人が地方移住するときに陥りやすい状況と、それに対処する際の鉄則を記す。