中国で開催されたジョブフェア。新卒生の就職へのハードルは高い(Imaginechina/アフロ)

企業は中途採用が中心 大学や学部間で格差も

中国の民間企業は新卒採用を基本にするところは少なく、あくまで経験者採用、日本でいう中途採用が中心だ。日本との一番の違いはここにある。そのため、実務経験の乏しい新卒学生は立場が弱く、就職事情はなかなか厳しい。おまけに中国の大学生は数が多い。2018年度の新卒大学生は約820万人。大学進学率は42.7%(16年統計)に達し、世界平均を上回る。中国の経済規模は日本の2.5倍程度だが、新卒学生の数は10数倍にも達するため、大学生が満足できる内容の仕事を探すハードルは高い。

新卒社員の離職率は高い

日本でいう大学の偏差値や学部、学科による就職状況の格差が大きいのも中国の特徴だ。北京大学や清華大学といった名門大学でも、学部学科によってはほとんど求人がないという。

初任給も出身大学で大きく違う。中国の就職情報企業の調査によると、17年新卒の平均初任給が最も高かった清華大学は9065元(1元は約17円)に達した一方、同調査で200位の西安建築科技大学(陝西省西安市)は3394元と2.6倍も開きがある。同様に学部学科間の初任給にも数倍の差がある。こうした状況であるため、中国の高校生は就職に有利な学部学科に入ろうと受験勉強に没頭する。

一方、新卒での新入社員の離職率は非常に高い。ビジネス特化型SNS「リンクトイン」の18年版報告書によれば、中国の登録者3900万人を対象とした調査で、1995年以降生まれの人材が「最終学歴後、最初に就いた職業」の平均在職期間はわずか7カ月。転職の理由は「成長の余地が乏しい」が48%、「給与、待遇が低い」が42%に達した。国家統計局による上海市内の大学生を対象とした調査では、約30%の学生が自ら起業する意思を持っていた。新卒学生の独立、転職志向の強さが、中国企業の新卒採用および育成の意欲をそいでいる面は否めない。