(イラスト:ソリマチアキラ)

日本の男子ツアーも秋のシーズンに入り、好ゲームが続いています。今年は特に春先の重永亜斗夢の優勝を皮切りに、秋吉翔太、星野陸也、出水田大二郎など、20代の選手の活躍が目立ち頼もしいかぎりです。それに今平周吾は9月末現在で優勝がないもののマネーランクトップを走り、そのゴルフの安定度の高さを物語っています。

聞いた話ですが、出水田が勝った翌週、コースでファンの方から「いでみつさん」と声をかけられ、本人はショックを感じたようです。しかし最近の活躍ぶりからすると、すぐに皆さんから「いずみださん」と声をかけられるようになるでしょう。私も米国では最初「エオーキ」と呼ばれていましたからね。