米中貿易戦争は、米国が経済覇権を守るための闘いから変貌しつつある。ターゲットは、中国が先端技術の分野で自国シェア引き上げを狙った「中国製造2025」である。IT、ロボット、航空・宇宙、バイオなど10分野を指定して、補助金、税制優遇、政策金融によって産業競争力を強化しようとしている。2035年までに世界のイノベーションを主導するようになり、49年に世界トップレベルの「製造強国」になるとうたっている。

こうした産業競争力の向上は、軍事技術の能力と裏腹の関係にある。中国の習近平政権が狙っているのは、経済覇権の皮をかぶった軍事覇権だと、米国のトランプ大統領は読んでいる。