「大学の卒業証書を品質保証にしたい」
日本経済団体連合会 会長 中西宏明

なかにし・ひろあき●1946年生まれ。70年東大工学部卒、日立製作所入社。2010年社長就任。14年4月から会長。18年5月経団連会長に。(撮影:大澤 誠)

発端は9月、中西宏明・経団連会長の、「経団連が採用選考に関する指針を定め、日程の采配をすることに違和感を覚える」との発言だった。その後の会見での、中西会長の就活ルールに関する主な発言は以下のとおり。

──そもそも就職活動のルール自体をなくすべきと考えるのか。

ルールを否定しないし、通年採用も否定しない。経団連として決めるつもりはないということだ。

──何をいちばん問題視したか。

根本は今の大学での勉強の仕方。日本の大学は入れば(勉強しなくても)出してしまう。中国などのトップ大学の学生と勉強量が全然違う。企業側も大学教育への期待感が低い。これは反省すべきだ。

──日本型雇用のあり方についても議論を促している。

これまで日本の若い人を見てきたが、グローバルな場での競争力やイノベーティブな姿勢では、他国の若い人に見劣りする。自分で手を挙げ仕事を開拓する姿勢が必要。それは徒弟制度的な育成計画ではできない。経済界と教育界が議論し、大学の卒業証書が品質保証になる状況にしたい。採用日程の前倒しだけの議論ではない。

──今後も経団連はルール作りにかかわるのか。

議論には参加するが、経団連が指針を出すことはない。問題意識はあくまで、今の教育が人材の多様性のニーズに応え切れていないことにある。大学での勉強と職業との結び付きが多くないのはいいことではない。そこを議論すれば政府、企業のすべきこともはっきりする。

(9月25日、10月9日の中西会長の会見から要旨を抜粋)

 

「世界的な人材獲得競争下、個々の企業が判断すべき」
Interview|新経済連盟 理事/クラウドワークス 社長 吉田浩一郎

よしだ・こういちろう●1974年生まれ。大卒後パイオニア、ドリコムなどを経て、2011年クラウドワークスを設立し現職(撮影:梅谷秀司)

──経団連の決定をどう受け止めましたか。