イラスト:河南好美

企業の採用活動において、選考に進む学生を大学名で絞り込む。それが「学歴フィルター」だ。選考の初期段階で、多くの志望学生から一定数に絞り込むために活用されることが多い。

たとえば学生が企業の説明会を予約しようとする場合、ある大学の学生は予約できても、別の大学の学生は「満席」と表記され、予約できないケースがある。エントリーシート(ES)を募り、適性テストを実施しても、その記載内容や結果を見ずに、大学名だけで合否を判断する企業もある。

インターネットが普及していなかった1990年代までは、就職活動はリクルーターやOB訪問、大学に掲示される求人票が中心だった。そのため企業に応募しても連絡がなく、選考が受けられないことは多々あった。言ってみれば、その頃は学歴フィルターの全盛期だったといえる。だが2000年代に入り、就職ナビサイトが誕生。就職活動がより自由化された。その結果、学歴フィルターは減少したが、インターネットで情報が拡散され、学生が学歴フィルターを感じる機会はより増えている。