中国人訪日客が押し寄せる百貨店の化粧品売り場。中国語ができる通訳スタッフは不足(共同通信)

「いくら募集をかけても、美容部員が足りない」。化粧品の業界関係者たちは口々にそう語る。

化粧品業界は今、空前の好景気に沸いている。中国人訪日客による高価格帯化粧品の購買が広がり、大手化粧品メーカーは軒並み増収増益を達成。経済産業省の生産動態統計によれば、2017年の化粧品市場は1兆6325億円(前年比約7%増)と、右肩上がりの成長が続く。

そんな中、ある問題が深刻化している。店頭で接客し、化粧品を販売する美容部員が足りていないのだ。厚生労働省が発表した今年8月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月と同水準の1.63倍で44年ぶりの高水準だった。一方、美容部員の求人倍率は1.67倍とこれをやや上回っている(美容部員の人材派遣会社アイスタイルキャリア調べ)。