朝日インテック|カテーテル治療に不可欠 国内シェア7割の技術力

手前にあるカテーテルの管を体内に入れるのがガイドワイヤだ

心臓の血管がコレステロールなどで詰まると、狭心症や心筋梗塞といった生命にかかわる重大な病気が起きる。

その際、胸を開く手術をするのではなく、カテーテルと呼ぶ2ミリメートルほどの細い管を使い、血管を広げる器具を心臓に送り込むのがカテーテル治療だ。開胸手術に比べて身体的負担が小さく、入院日数が短くなるメリットがある。

カテーテル治療ではガイドワイヤという細い針金を使い、手首や太ももの付け根から、血管が詰まった部分にステントという器具を送り込む。筒状のステントを置くことによって、血管を広げ血流が改善される仕組みだ。

朝日インテックは、そのガイドワイヤにおいて日本でシェア1位。特に完全に血管が詰まって硬くなっているCTOという重い症状の手術向けガイドワイヤでは、日本でも海外でも独占状態だ。

強みは医師の指先の動きを、ワイヤの動きに忠実に反映できる特殊な技術。心臓医の指の微妙な動きがそのまま伝わり、ワイヤの先端が患部に到達する。

技術力の背景には、素材から製品製造まで自社で行う一貫生産体制がある。部材を外注するのではなく素材から見直しながら研究開発を行うことで、高難易度の製品にも対応できる。

研究開発に力を入れるため、売上高の10%を研究開発費の目安とする。業績が右肩上がりで成長しているため、研究開発費も年々、増えている。

産業用から医療分野へ大胆な転換に成功