おおた・ひろこ●1976年一橋大学社会学部卒業。生命保険文化センター研究員などを経て2001年政策研究大学院大学教授。02〜05年に内閣府に出向、06〜08年に経済財政政策担当相。(撮影:今井康一)

経済財政諮問会議は各省との縄張り争いの歴史だ。2002年から05年まで事務方で手伝った。財務省とはまず予算編成で争い、次に竹中平蔵・経済財政政策担当相が02年の「骨太方針」策定で「法人税の引き下げを」と切り出した。財務省以外のところで法人税引き下げを具体的に議論するのは初めてのことだった。

財務省は大反対だったが、小泉純一郎首相が「下げる」と明言した。税率を引き下げたかったが、結果的には研究開発減税の拡充という政策税制の形に収まった。

初期の小泉内閣では、塩川正十郎財務相、片山虎之助総務相、扇千景国交相などが自分の言葉で議論し、これが内閣主導なのだと思った。特に地方分権の「三位一体改革」は竜虎の闘いだった。