ANAやJALは長年自社養成でパイロットを賄ってきた(写真提供:ANA)

「航空会社同士がパイロットを取り合っている場合じゃない」

ANAホールディングス傘下のLCC(格安航空会社)ピーチ・アビエーションは、2019年度から国内LCCとして初めて、未経験者の自社パイロット養成に乗り出す。

プログラムを統括するピーチ運航本部の那波俊之副本部長は、冒頭のようにパイロット採用の厳しい現状を語る。「日本の転職市場ではパイロット経験者が潤沢にはおらず、人数を増やす取り組みを行わなければならない」(那波氏)。

ピーチでは就航した12年から、国の養成機関である航空大学校や、私立大学などで操縦免許を取得した人向けの養成プログラムを実施。これまでに50~60人の副操縦士を出してきたが、採用の門戸を大きく広げる形となる。

初年度は若干名の募集だが、8月初旬からの1カ月で約1300人の応募があった。大学生だけでなく、社会人からの応募も少なくないという。

ピーチの自社養成説明会は、参加者からの質問で白熱