北広島市というと、広島県にある街と誤解する人が多い。しかし、この街は北海道の札幌市と新千歳空港との間に位置する、人口約5万8000人を数える北海道の中核都市の一つだ。新千歳空港からJR千歳線に乗って札幌に向かうと、途中に「北広島」という駅がある。大きな団地群を抱えるこの周辺が北広島である。

「北広島」という勘違いしそうな名称が付されていることには訳がある。このエリアは1884(明治17)年に広島県から103人が入植して開墾された地である。1894年に月寒(つきさっぷ)村から分離独立する際に、故郷の名にちなんで「広島村」と名付けられたのだ。1996年に市に昇格する際に、広島市と混同することから「北広島」となり、今に至っている。

北広島を大きく飛躍させたのが、1970年から始まった道営北広島団地の造成である。この年を境に街の人口は急増し、70年の1万人から2007年には6万1200人となった。産業はホウレンソウやジャガイモなどの農業や酪農のほか、市内に6カ所の工業団地がある。しかし、街は札幌市のベッドタウンとしての色彩が強い。