8月末にドイツで発表されたエクスペリアの最新旗艦モデル。流行の複眼カメラではない

数は追わず、高付加価値路線を徹底することで、再生への道筋をつけたソニーのエレクトロニクス事業。その中で独り負け状態なのが、「エクスペリア」を展開するスマートフォン事業だ。

2017年度は欧州を中心に日本でも販売台数が減少し、売上高は前年比5%減の7237億円。17年時点の世界シェアは1%台と風前の灯火だ。日本でも17年は2位だったが、18年1〜3月はついにシャープに抜かれた。

営業損益に至っては、12年にソニー・エリクソンを完全子会社化して以来、黒字を計上できたのは初年度と16年度の2回だけ。前17年度は276億円の営業赤字に転落。今期は赤字を150億円に縮小するというのが期初の計画だった。しかし、18年4〜6月の実績を受けて7月に発表した今期見通しは、300億円の赤字。販売不振で赤字はむしろ拡大する。