ドイツ・ベルリンにある欧州最大の家電量販店チェーン、「Saturn(サターン)」。8月下旬、テレビ売り場では、韓国のサムスン電子とLGエレクトロニクスがエスカレーター前の“一等地”に陣取り、圧倒的な存在感を放っていた。だが、大型の高額品では日本のソニーも目立っていた。

看板商品、「ブラビア」ブランドの4K対応有機ELテレビは、55インチが約2100ユーロ(約28万円)。有機ELテレビの先駆者、LGの製品より3割近く高いが「LGより売れるときもある」(店頭販売員)という。売り場で品定めしていた40代のドイツ人男性はこう語る。「ソニー製テレビは高価だが、格好よさでは一番。このテレビで(ソニーが展開する家庭用ゲーム機)『プレイステーション(プレステ)』ができたら最高だね」。

ソニーのテレビ事業は欧州が最大市場だ。が、その欧州で2012年、テレビのシェアは数%まで落ち込んだ。ソニーのテレビ事業全体が苦戦する中、特に欧州で辛酸をなめた。それが現在、金額シェアで10%台にまで回復。「55インチで2000ユーロ以上といった高価格帯の市場では、ソニーの有機ELテレビが圧倒的に首位」とソニー・ヨーロッパの粂川滋社長も自負する。高価格帯の好調により収益性も大幅に改善した。高級ブランドとして、ソニーは息を吹き返しつつある。

20年ぶりの最高益 時価総額でパナと大差

「ソニー、復活」。今年4月末、ソニーの17年度決算が発表されると翌日の新聞記事にはソニー称賛の見出しが躍った。営業利益は7348億円と、実に20年ぶりの最高益更新。為替の好影響や、カメラ部品製造子会社の持ち分譲渡益などの特殊要因はあったものの、それらを除いた「真水」の利益でも前年比約2割増。純利益も4907億円と、10年ぶりの最高益で着地した。

収益力の着実な回復を受け、時価総額はITバブル後の00年代初頭の水準である8兆4000億円台まで戻った。同じく17年度に最高益を更新したパナソニックの時価総額が低迷するのとは対照的だ。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP