イラスト:河南好美

「父の介護をあのまま続けていたら私も倒れていたかもしれません」──。

2017年12月に認知症の76歳の父を亡くした、都内の樹脂加工会社勤務の中山和夫さん(仮名、49)は振り返る。5年前に脳梗塞で倒れた父は認知症を併発し、退院後、自宅で療養することになった。早くに妻を亡くし一人暮らしの父が住む神奈川県の実家に、中山さんは都内から転居。父の面倒を見ながら片道2時間以上かけて通勤する毎日が始まった。

だが、認知症の症状が徐々に重くなり、夜中も動き回る父のせいで睡眠不足の日々が続く。仕事も忙しく連日夜の7時、8時までの残業で疲れがピークに達し、上司に退職を願い出た。

「今の父の状態で仕事を続けるのは無理ですと言っても、上司は人手が足りないから今辞めてもらっては困る、の一点張り。何度も辞めたい、辞めないでくれと言い合いになった。退職願を出してから半年後、部署の異動で定時に帰れるようになったが、それでも父が亡くなるまでは休日も介護に追われ、毎日がどうなるのか不安でたまらなかった」

中山さんは踏みとどまったものの、退職する人は少なくない。総務省の就業構造基本調査によると17年の介護離職者は9万9100人。介護しながら働く雇用者は12年の240万人から約300万人に増加し、うち約3割が週6日以上の介護をしている、いわば「介護離職予備軍」だ。