認知症は家族だけで抱え込まず、介護保険を活用しプロの手を借りることも必要だ(撮影:ヒラオカスタジオ)

介護保険を利用するには市区町村の認定(要支援認定、要介護認定)を受ける必要がある。現在、介護が必要と認定される原因のトップは認知症だ。

2000年度に介護保険がスタートして以来、脳血管疾患が首位だったが、確定診断(画像診断や心理検査など)の普及もあり、16年、認知症が取って代わった。

認知症は原因疾患別に、アルツハイマー型や脳血管型、レビー小体型など多様で、85歳以上の発症率は27%だ。まず、誰にも可能性がある「老いに伴う病気」として、受け入れる力が求められる。

12年に認知症の人は462万人と報告され、少なくとも25年に約700万人、40年に約800万人と推計されている。なお、認知症の前段階の軽度認知障害(MCI)の人は、認知症とは別に約400万人といわれている。

アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP