改革をやりたい、と大学から政界へと飛び込み、2000年代の自民党政権で要職を歴任した女性経済学者が振り返る。

おおた・ひろこ●1976年一橋大学社会学部卒業。生命保険文化センター研究員などを経て2001年政策研究大学院大学教授。02〜05年に内閣府に出向、06〜08年に経済財政政策担当相。(撮影:今井康一)

01年の晩秋、大阪大学の教授だった本間正明先生から「政府外の人を入れたいという竹中平蔵・経済財政政策担当相の意向もあるので入ってくれないか」と言われ、初めて政府の経済財政諮問会議にかかわった。小泉純一郎内閣で諮問会議が始まったとき、政策決定のプロセスを変えれば政策の中身も変わるという成果を知り、「目からうろこ」だった。やってみるのもいいかなと思い、02年4月から3年半、内閣府の参事官、大臣官房審議官、政策統括官を務めた。